わきがの苦い経験や対処法について

わきがの苦い経験や対処法について

わきがってなっている本人も、まわりにいる人にとってもつらいものですよね。

 

わたしもわきが体質なので苦い経験があります。

 

それは汗をかいた直後にとてつもなくいやなにおいがすることです。

 

緊張すると変な汗がでることもありますから、夏場の暑い時期だけの悩みということもないことが困ったところです。

 

学生時代なんてとくに狭い教室にまわりに人が密着した環境ですから、体育のあとなどにはにおいがばれていないかとヒヤヒヤしました。

 

一度好きな男子の横をわたしが通ったときに、「おい、いまなんか変なにおいしなかったか」と彼の友達と話していて私のにおいじゃないかなと思いびくっとしたことがあります。

 

気になっていた男子なのにこういうわけで少しもちかづくことができないし、それ以降の恋愛においてもやはりワキガのにおいがするのではないかと、積極的になれないところがありました。

 

つらい青春の思い出でもあります。

 

対処法については、やはりデオドラントスプレーをよくすることですね。

 

体育などが終わったときには、やはり汗のにおいが気になってしまってしかたがないので、デオドラントスプレーの香りで気持ちが悪くなるくらいスプレーをしまくりました。
それくらいしないと、においがどうしてもでてしまうのでしかたがないですね。

 

また、時間があるときにはトイレまで行ってティッシュを水でぬらしてわきを拭いたりしました。

 

できれば、汗をかいたときすぐにデオドラントスプレーをしてしまうよりも、きちんと水やエタノールをふくんだお手拭きなどできちんとふいてから、デオドラントスプレーをしたほうが、効果が長持ちするような気がしますね。

 

大人になってからはワキガの手術などもかんがえましたが、どうしてもちょっと怖いと感じてしまうのでまだしていません。

 

もし手術なども気にならないようなかたは、ワキガのにおいが出なくなる手っ取り早い方法だとも思いますので、やってみてもよいのではないかと思います。